【セッションレポート】「脱・働く」#3 — 3つの資本「コネ・カネ・チエ」を動かし、労働者から投資家になる(前半)

Venture Café Tokyoが主催する『脱・働く-POWER TO/THE PEOPLE-』は、社会のルールが加速度的に変化し不確実性の時代といわれる現代において、どのようにはたらき、生きるべきかをテーマに、様々なステークホルダーを招きながら皆さんと繰り返し対話の場を持つことを通じて「日本らしい”はたらく”のその先」について議論を深めるトークセッションシリーズです。

2020年4月2日(木)に開催した第3回セッションでは、NPO法人ZESDA代表の桜庭が登壇し、自分の中にある「コネ・カネ・チエ」という3つの資本を意識し、循環させ増幅させることの重要性を、これからの「はたらき方」と共に語りました。

link.medium.com