活動報告:ニーズヒアリング(ミャンマー編)

NPO法人ZESDAでは、今後更に活動の幅を広げるべく、新規イベントの立ち上げに向けて準備活動を行っております。

その一環として、前回のタイ出身者の方々との交流会に引き続き、去る3/24(日)にミャンマー出身者の方々とZESDAメンバーの交流会をおこないました!!

インドネシア半島に位置する人口6000万人の国、ミャンマー。
けれども、「ミャンマーってどんな国?」といざ質問されると、なかなか具体的なイメージがでてこない…
日本人がもつミャンマー観というのは、そんなものではないでしょうか?

今回は、そんな未知の国ミャンマーから来日された方々と交流会をおこない、現地の生活習慣から、風習や文化、そして考え方等にいたるまで、「ミャンマーの今」についての様々なお話を伺いました。また、ミャンマーでは今、何が求められているのかなどといった「現地のニーズ」についての率直な意見についてもお聞きすることができ、非常に得るものが大きい楽しい会となりました。

ミャンマー出身の方々が、日本という異国の地で暮らすことではじめて意識されるようになったこと、言い換えると、現地ではあるのが当然とされていたり、逆に現地ではまず想像だにされないようなこと、それらの中に、これからの日本経済を大きく変えてしまうような、非常にビッグなビジネスチャンスが埋まっているのかもしれません。

 「文化と文化をまたぐこと(Cross Culture)ではじめて見えてくるものがある」

異国に触れたことがある方なら誰もが一度は感じたことがあると思われる、このシンプルで力強い経験を軸に、「クロスカルチャーの視点」を楽しみながら体験・習得していただけるような新しいイベントを、ZESDAでは現在計画中です。

多様な取り組みを通じて、日本にプロデューサーの精神を広めるべく、これからも日々活動して参りますので、応援宜しくお願い致します。

f:id:ZESDA:20140324210309j:plain