誰も見たことのないものに価値を見出す!

なぜあの摩訶不思議な作品が○○億円!??
アートってなんか胡散臭い・・・と
思っている方はぜひ一度この本を手にとってほしい。

現代アートの先駆者、村上隆や奈良美智などを発掘した
ギャラリスト・小山登美夫がみなさんのアートに対するうやむやを
ズバリ晴らしてくれます。

小難しい抽象的な解説は一切なし!
タイトル「現代アートビジネス」とはっきり書かれている通り、
ビジネス的な観点から現代アートに切り込んでいます。

今まで「誰も見たことのないものに価値を見出す」その手法・考え方は、
アート業界以外の方にとっても一読の価値大いにありです。
現代アートビジネス (アスキー新書 61)